起業とは

起業するということは、新たに事業を起こすということです。起業の形態としては、個人事業主もしくは会社を設立することになります。個人事業は自営業ともいわれており、小規模の経営が多く、また法律上の手続きも簡単です。「個人事業の開業・廃業等届出書」を書いて税務署に提出すれば、すぐ個人事業主として認められます。日本では、会社を設立するに当たっては資本金が、株式会社で1000万以上、有限会社で300万以上必要でしたが、2006年に新たに会社法が施行されました。その後、資本金の最低金額に制限がなくなり、1円の資本金でも会社を設立できるようになりました。そのため、起業する点ではかなりハードルが下がったといえます。

しかし、起業するということは、まず、どうして起業したいと思ったのかという強い起業動機がなくてはなりません。起業すれば、事業の資金の調達や返済計画、事業内容とその計画。そして競合する他の会社とどのように差別化を図っていくのか。これらのことを考えて進めていく必要が出てきます。独立して起業することはとても勇気のいることです。リスクだけを考えていては到底できませんし、弱い動機では起業して、様々な壁が立ちはだかった時に、すぐリタイヤなんてことになりかねません。ですから、まずどうして起業するのか、そしてどんなことをしたいのか。これらを深く考えたうえで強い起業動機を持ち、自分を客観視することが大切です。

img01

起業と会社設立

img01

会社を設立するには、いくつかの手順を踏んでいく必要があります。会社の形態によっても多少の違いはあるのですが、「株式会社」を例にとって、設立の方法の手順を追っていきます。初めに、「定款」を作ります。定款とは、会社の目的や組織、活動、業務・・・

詳細はこちら

起業と会社形態

img01

会社の形態には、「株式会社」以外にも「合資会社」「合名会社」「合同会社」の3つの形態があります。どの会社にも出資者が必要で、「株式会社」は株主になり、「合資・合名・合同会社」は社員になります。出資者責任には2通りあり、「有限責任」は、会社が倒産・・・

詳細はこちら

その他の起業

img01

仲間と事業を展開するために起業したい、という思いがあるのでしたら、「企業組合」という制度があります。これは個々の人や事業者が集まり、組合員となって資本と労働を持ち寄り、働く場を作り上げる制度です。展開する事業に規制はなく、個人の・・・

詳細はこちら
Copyright©2014 起業するスタイル All Rights Reserved.